記憶力の鍛錬が役に立つ

寿司は、日本人にとって特別な意味を持つ食べ物です。昔と違って身近な存在になったものの、それでもお寿司を食べる事ができるのはうれしいものです。このようなお寿司に憧れて、日本料理の分野の中でも、将来は寿司職人になりたいと考えている人もいるでしょう。ただし、寿司職人となるためには、そのための準備を行わなければいけませんね。例えばバイトとして仕事を始めるにあたっても、与えられた仕事をこなすためには、十分な準備が必要なのです。寿司屋での仕事で何より大切であるのが、記憶力です。寿司を提供するカウンター式の本格的な寿司屋では、お客の注文を全て覚えなければなりません。一般の飲食店であれば、客からのオーダーは全て紙に書き留める事が通常です。しかし寿司店においては、目の前の客が注文したネタと数を覚えてにぎりたてを出す、というこの点について大きく事情が異なり、職人の記憶力がなにより便りです。そのため、たとえバイトで寿司屋の仕事を始める場合でも、記憶力は早めに鍛えておいたほうがいいですね。バイトとして仕事を始めたばかりの頃は、まだ重要な仕事は任されることはないでしょう。しかしいずれは、お客を相手にして記憶力が試される時期がやってきます。それからようやく記憶力を鍛えるようでは、とても仕事に間に合いません。余裕を持って記憶力を鍛錬しておけば、いざ試されるようになった時にも、実力を発揮する事ができるでしょう。寿司屋で働く以上は、記憶力を常に鍛えることを心がける事が、仕事のためになるポイントです。