寿司職人を目指す覚悟はあるか

寿司というと一般の人では、魚を握ったご飯の上に乗せるだけというイメージを持っているかもしれません。しかしそこには、奥が深い職人の技術があります。寿司の世界に入った者も、まだ初心者であるうちは、寿司を握ることがいかに難しいかについて、理解していない事が多いです。寿司屋でのバイトを通じて、少しずつ仕事を覚えていくうちに、いかに一人前の職人になることが難しいかが分かってきます。そのため、寿司職人を目指して寿司屋のバイトを選ぶのであれば、始めの覚悟が大切です。職人になるまで決して諦めず仕事を続けるという強い意志があってこそ、この仕事に打ち込んで職人になることができます。寿司屋以外にも、世の中には割りのいい仕事は数多くあります。しかしその中であえて寿司を握ることを選ぶということは、その仕事に魅力を感じているからでしょう。この強い意志を持って求人に応募することには、採用の面でメリットがあります。採用担当者は、人の姿勢や立ち居振る舞い、あるいは言動からも、仕事に対する意欲を読み取ることができます。職人になるという明確な目標を持って、求人に応募すれば、その意欲を汲み取ってもらう事ができ、まずはバイトとして採用される可能性が高くなります。あくまで精神的な面の事柄ではあるものの、それが結果を大きく左右する事があるのです。特に寿司は精神性を大切にする料理の分野でもあるため、求人への応募にも意欲を持つ事が大切です。寿司を握る技術以前に、強い精神性と探求心が必要となってくる職人の世界なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です